<< 別れの日。 | main | HERO >>
2008.03.23 Sunday

クワイエットルームにようこそ

0
    監督松尾スズキ、設定は「気がついたら精神科のベッド」って時点で面白そうでない?再生までの14日間、みたいな副題だったと思うけど。見ようによっちゃただのイタイ女だけど。映画見終わってどんな気分になったかというと、内田ゆきとクドカンの掛け合いがもっと見たかったって言う、本編とは一切関係ない部分だったりする。クドカンのビジュアルって、決して綺麗じゃないのに惹かれるわ。

    「ガンジス川でー」のメイキングの「インド、もういーわー」って半分うつ入ってるクドカンも好き。人間、素直が一番。ちょっと見栄はりたいから、いっつもちょっと取り繕っちゃうんだよな。正直者は損をするとか思っちゃう時もあるけど、あー、だまされたぁー、って右から左に受け流せる大きな器が欲しい。

    不完全な環境の中でどれだけやってけるかレース、か。
    2018.06.20 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << June 2018 >>
      PR
      Rakuten
      PR
      PR
      PR
      人気ブログランキングへ
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM